レーザーを用いたプラズマの生成・制御・測定に関する研究を行っています

プラズマとは、広義にはクーロン力によって相互作用している荷電粒子の集合体のことです。自然界では、ダークマターやダークエネルギーを除く、通常の物質の99%がプラズマ状態にあると言われており、宇宙はプラズマで満たされています。また、人類もプラズマを様々な方法で利用しており、半導体製造、医療・バイオ応用や農水産業への応用、未来のエネルギー源としての核融合発電の研究が進められています。プラズマを研究し、深く理解することで、自然界の様々な現象の理解や我々の生活の向上に役立ちます。本研究室では、先端の光科学の技術を導入し、新しいプラズマ計測法の開発や、極限的なパラメータのプラズマに関する研究を行っています。

 

イオントラップを用いた強結合プラズマの物理と応用

光渦のプラズマ分光・制御への応用

精密分光技術によるプラズマ中の流れ計測

核融合プラズマ実験装置のレーザー分光


日本大学


生産工学部


電気電子工学科


荒巻研究室
〒275-8575
千葉県習志野市
泉町1-2-1

日本大学 生産工学部

電気電子工学科

津田沼キャンパス
31号館 308号室
TEL:047-474-2396
FAX:047-474-9145